眼科の診断はこんなにスゴイ!数秒の不思議な診断から分かることとは?

眼科の気球には何の意味があるの?

気球の正体、ご存じですか?

「気球」が見えるあの医療機器には、当然ながら正式名称があります。それは「オートレフケラトメーター」。

診察の流れですが他の機器同様あごを機器にのせた後、おでこを機器にぴったりくっつけて穴を覗きます。最初はぼんやりしていた絵が「カチカチ」という音とともに徐々にハッキリとした「気球」となって見えてくるというもの。

ところで「なぜあの絵が「気球」である必要があるのか?」という疑問が浮かんだことはないですか?もちろんあの絵が「気球」であることにはれっきとした理由が。それを解くためには、実は「気球」の前の道路が重要な鍵となります。

あの道路、実は遠近法を用いて書かれていることはお気づきでしたか?なのであの道路のおかげで、私たちは「気球」を見るためにより遠くの方へ視線を運びます。つまりあの絵は「気球」と道路の組み合わせにこそ意味があり、より遠くの方向を見させるために「気球」が描かれているというわけです。

気球で何が分かるの?

タダモノではないとは思っていたけれど、やはりタダモノではなかった「気球」。ではあの「気球」を見ることで何が分かるのでしょうか?

実は分かることがいろいろあって、これまたスゴイんです!あの「気球」を見るだけで、遠視や近視、乱視かどうかなどが分かります。

なので「オートレフケラトメーター」の検査が終わると、例えば検査対象者が左目は遠視の乱視、右目は近視の乱視の場合、視能訓練士が「お気の毒に。すごく(視力が違いすぎる上に乱視だから)辛いでしょう?」とまるで占い師のように、検査対象者本人にしか分からない日常生活の中での目に関する不便さをピタリと言い当てるのは、実はあの「気球」のおかげだったのです!

ところで皆さんは「オートレフケラトメーター」での検査の後に検査結果の紙が出力されているのにお気づきでしたか?あの紙には数字が書かれているのですが、その数字を基にコンタクトレンズの度数を決めています。


この記事をシェアする