眼科の診断はこんなにスゴイ!数秒の不思議な診断から分かることとは?

おすすめリンク

かかりつけ医は新宿の内科で

日本の中枢にも当たる新宿の内科なら、かかりつけ医としても安心できます。利用してみてください。

眼科の診断は問診と視力検査から始まります

パソコン機器の急速な普及により、家庭で1台は当たり前。中には一人1台の割合でパソコンを持っているご家庭もあると思います。

会社でも一人1台は当たり前。ネット関係の会社だと、一人でマックとウィンドウズを1台ずつ計2台を使っているかもしれません。このパソコンの普及という大きな波は、私たちの生活をガラリと変えました。

報告書も履歴書もレポートもすべてパソコン一つで作成できるようになりました。中でも履歴書や職務経歴書などは、アプリさえ落とせば携帯電話でも作成が可能に。

また以前は電子ゲームといえば、テレビゲームだったり、携帯型ゲームなどが主流でした。しかし、今では通勤電車でほとんどの通勤者が携帯のアプリゲームをしています。ほんの20年ほど前から考えると本当にすごい時代になったと思います。

しかし、このパソコンの普及は私たちにドライアイや眼精疲労などの目の病気をもたらしました。またパソコンはパソコンの普及同様に視力の低下も急速に進め、それを多くの方に拡大させました。その結果、眼科を訪ねる方が急増。平日にも拘わらず、眼科の待合室には人があふれかえっている病院もあります。

ところで眼科の診断でどんなことが分かるのでしょうか?素人感覚だと、視力検査だけは何となくわかります。ただそれ以外は眼科医が何をしているのかいまいちよく分かりませんよね?ここでは眼科の診断で何をしているのかを誰にでも分かるようにご紹介したいと思います。